曇りの日の撮影はISO値とシャッタスピードに気を付けよう。

どうも、よっさんです!

最近、梅雨入りしましたね!雨の日の撮影にもトライしたいと思ってますが、カメラとレンズ濡らしたくないなーって思うとなかなかハードルが高いですよね。

今日はたまにある曇りの日の撮影で困ったことがあったので記事にしたいと思います。

困ったこと

まず、結論から曇りの日は光が少ないのでせっかく撮影しても、ブレてしまったり、暗い写真になってしまいます。暗く見えて逆に好きな写真になる。なんてこともあるので一概に暗いことがいけないことではないんですけどね😅

気をつけることポイント2つ!

  1. ISO値
  2. シャッタースピード

ISO値に気を付けよう

光が少ない曇りの日は絞り優先モードで撮影しているといつのまにかシャッタースピードが遅くなっていることがあります。
そんなときはISO値を1600程度 を上限に設定してみましょう。このとき、シャッタースピードがだいたい1/80秒程度になる値を設定します。( ISO 値は個人的に低ければ低いほどいいとおもっていますからね。)
そうするとぶれない写真が撮影できますよ。
次の作例はIOS100とISO500で撮影した写真の作例です。ISO800のほうがぶれない写真になっていることがわかりますよね!

before画像 after画像

今日は撮影していて、あれ?と思ったことを記事にしてみました。
みなさま良い写真ライフをお過ごしください!それでは!!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ニコン Z 6 24-70 レンズキット
価格:239,000円(税込、送料無料) (2023/6/1時点)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です